土砂災害計測機器についてのご質問

4ゲージひずみ計

ひずみ値にオフセットをかけることはできますか?(4ゲージひずみ計)

開く

オフセットをかけることは可能です。初期不平衡値(ゼロバランス)で調整します。
機器設定・データ回収機「NetCT-1」をデータロガーに接続し、

● データロガー/NetLG-401Nの場合:
 「物理量セットアップ」選択→「設定チャンネル」選択→「初期不平衡」選択
● データロガー/NetLG-104、NetLG-401の場合:
 「センサセットアップ」選択→「センサセットアップch」選択→「初期不平衡」選択

なお、校正係数計算後の物理量に対してオフセットをかけることもできます。
機器設定・データ回収機「NetCT-1」をデータロガーに接続し、

● データロガー/NetLG-401Nの場合:
 「物理量オフセット」選択→設定するチャンネルを選択→物理量を確認しながらオフセット設定
● データロガー/NetLG-401の場合:
 「データオフセット」選択→設定するチャンネルを選択→物理量を確認しながらオフセット設定
● データロガー/NetLG-104の場合:
 「オフセット」選択→物理量を確認しながらオフセット設定

ページの先頭へ

グラフ付き伸縮計

±2.0mm/hour×2という内容の警報メールが来ましたが、どういうタイミングで送信していますか?

開く

警報メールに記載されている最新データ時刻を起点とし、1時間前の値と比較して2.0mm以上の移動量を検知し、さらに1時間前の値と2時間前の値を比較して2.0mm以上の移動量を検知した場合に発報されます。ただし、1時間前の移動方向(符号+-)と2時間前の移動方向(符号+-)が一致しないと発報されません。

設置後インバー線を引き出して警報テストを行った際は問題なく動作しましたが、再度テストを行ったところ警報が出なくなりました。なぜですか?

開く

【確認】 警報無効時間が設定されていませんか?

警報無効時間とは、警報が頻発しないようにするための、警報出力後における警報判定を停止させる時間のことです。工場出荷時は警報無効時間を「1時間」に設定しています。この設定だと、1時間以内に警報再出力させることはできません。すぐに警報再出力させたい場合は、警報無効時間を「無し」に設定するか、都度「移動量リセット」を実行して警報無効時間を解除させてください。

※移動量リセットの方法
・本体液晶またはNetCT-1にて、「移動量リセット」を実行する。
・電池を抜いて30秒以上経過させてから電池を再挿入する。

警報テストを行いましたが警報が出ません。

開く

【確認】 時間移動量がOver[-]と表示されていませんか?

時間移動量がOver[-]と表示されていれば警報出力されません。
Over[-]はスケールオーバーを意味し、測定ワイヤを少しでも引き出していれば通常起こりません。しかし、測定ワイヤを引き出す前に電池を挿入すれば、1時間経過するまで時間移動量はOver[-]となる場合があります。これは時間移動量を算出するための基準値が1時間の間だけ電池挿入時の測定値、つまりOver[-]となるためです。測定ワイヤを引き出した状態で「移動量リセット」を実行すれば、Over[-]は解消し、警報出力できるようになります。

※移動量リセットの方法
・本体液晶またはNetCT-1にて、「移動量リセット」を実行する。
・電池を抜いて30秒以上経過させてから電池を再挿入する。

ページの先頭へ

お問い合わせ

お問い合わせ
お問い合わせフォームよりお問い合わせができます。
最寄りのサービス拠点に問い合わせる
サービス拠点をご覧いただけます。