豪雨時の貯水位上昇を予測

ため池貯水位監視・予測システム

ため池の「低水位管理」や「事前放流・緊急放流」などの防災対策に

写真:ため池に設置した水位計とシステム画面

頻発する集中豪雨でため池が決壊する事例が多発していますが、ため池の決壊は下流域に多大な被害を及ぼすことがあります。

そこで、オサシ・テクノスは、豪雨時に堤体が決壊しないかの判定、および事前にどれだけの水位低下を行えば安全なのかを判定できる貯水位予測システムを農研機構様と共に開発しました。

豪雨時のため池決壊を事前またはリアルタイムに予測し、事前放流量、貯水位定価量を算定し、決壊を未然に防止します。

システム構成

図:システム構成

ご利用イメージ

step1

ため池基本情報(ため池データベースの情報、ハイエトグラフ)登録

↓
step2

・危険度予測解析
・貯水位管理
・リアルタイム解析

この予測システムは 国立研究開発法人農研機構との共同開発システムであり、SIP「ため池防災支援システム」への接続も可能です。

SIPバナー

SIPとは総合科学技術・イノベーション会議が自らの司令塔機能を発揮して、府省の枠や旧来の分野の枠を超えたマネジメントに主導的な役割を果たすことを通じて、科学技術イノベーションを実現するために新たに創設するプログラムです。

出典:内閣府ホームページ

オサシテクノスのため池監視システムはSIPの取組みと連携しています。

お問い合わせ

お問い合わせ
お問い合わせフォームよりお問い合わせができます。
最寄りのサービス拠点に問い合わせる
サービス拠点をご覧いただけます。